ゴールドバレルの魅力

ゴールドバレルってどんなパイン?

〜上品な甘さの魅惑の黄金樽〜

沖繩の豊かな太陽の恵みの元で管理栽培された「美ら島ゴールドパイン」は、パインの中でも特に栽培が難しく市場でもなかなかお目にかかることの少ない「ゴールドバレル」という品種です。実の色が黄金色(ゴールド)、形が円筒形で樽(バレル)に似ていることからその名が付けられました。収穫まで3年を要し、国内生産量1%の貴重な高級パインです。

ゴールドバレルの特徴

サイズが大きく、鮮やかな黄金色

沖縄の豊かな太陽の恵みの元で育った「美ら島ゴールドパイン」。通常のパインに比べ重量が1.4kg〜2.8kgと約2倍の大きさになります。パインの中でも栽培が難しく、市場でもなかなかお目にかかることが少ない「ゴールドバレル」は果肉の色が黄金(ゴールド)、実が樽型(バレル)をしていることから名づけられました。ゴールドバレルは2006年に品種登録されたパインです。

糖度センサーで品質をチェック

収穫までに3年を要し、栽培が難しい為、希少な国産パイン「ゴールドバレル」。苗の生産から管理・収穫・出荷まで一定の品質を保ち一気通貫で生産いたします。ゴールドバレルの魅力である甘さ一定に保つため、品質センサーを導入し、16度以上の糖度をクリアした上質なゴールドパインをを自信を持ってご提供しております。

芯まで柔らかく、果汁溢れる甘い口溶け

糖度が高く爽やかで上品な甘さが特徴です。また、糖度、酸度、熟度のバランスが良く、パイン特有の酸味やえぐみを感じにくいのも特徴です。芯まで食べられるほど柔らかく、お口に含むと果汁がジュワーっと溢れ出ます。この美味しさを知ったら、もう普通のパインには戻れない... 。

ゴールドパインは、甘くて美味しいだけでなく、カラダに嬉しい以下の栄養成分が豊富に含まれ、毎日の健康維持にも最適なフルーツです。

  • ビタミンB1 糖分の分解を助ける
  • ビタミンB2 疲労回復
  • ビタミンC 老化防止
  • カリウム 動脈硬化の予防に
  • 不溶性食物繊維 ダイエット効果で話題の不溶性の食物繊維も豊富
  • ブロメラン(タンパク質分解要素) 糖分の分解を助ける

沖縄県東村にある
パインづくりに適した
良質な土壌から生まれた
パインの最高峰
「ゴールドバレル」
ひと株ひと株大切に育て、
糖度、酸味、熟度の
バランスの取れた
良質なゴールドバレルを
ご堪能ください。

ゴールドバレルの生育

美ら島ゴールドパイン(ゴールドバレル)は定時・定良・定品質に徹底してこだわり研究を重ね、年に一度の夏の時期だけに収穫される極上パインは、沖縄農家を支える革命児!

  • ①腋芽から活発な細胞を取り出し、寒天培地で無菌培養にして増殖させます。

  • ②1~2ヵ月ほど、葉が約2~3cmになるまで成長させます。

  • ③苗用土を敷いたスラスコで半年間約50g程度になるまで育成。

  • ④フラスコから取り出しポットに移します。

  • ⑤日光や空気に触れさせ、環境に順化させ約100gまで成長しました。

  • ⑥台風を乗り切れるサイズ、約250g前後で畑へ定植します。

  • ⑦開花促進処理後57日経過して、パイナップルが花を咲かせます。

  • ⑧大きな実に育ってきました。(最大2.8kg)折れないよう、実を固定します。

  • ゴールドバレル種 露地栽培風景

  • ゴールドバレル種 ハウス栽培風景

お取引のご相談はこちらから

0980-43-5553

営業時間:午前9時〜午後5時半

土・日・祝日を除く


info@churashimafarm.com